賀茂なすの和・洋よくばり食べくらべ

31.賀茂なすの和・洋よくばり食べくらべ

京野野菜の中でも特にフォルムに特徴のある賀茂なすを器にして、ツナと九条ねぎのディップで器ごと食べる洋風な食べ方と賀茂なすの中身だけをおろしポン酢でいただく和風な食べ方が簡単にできる楽しい一品です!

人数 2
材料・分量

賀茂なす…1個
万願寺甘とう…2本
九条ねぎ…2本(素揚、ディップ、トッピング用)
ツナ缶…1/2缶
クリームチーズ…54g(キューブ型なら3個)
マヨネーズ…大さじ1
おろしポン酢…適量

作り方・手順 (1)賀茂なすは上下を少し切って真ん中で二等分し、器の厚み1センチ内側に切り込みを入れておく。九条ねぎの太い部分は3センチ幅程度に切り、2本まとめてつまようじに刺したものを2~4本、万願寺甘とうはタネを取り、三等分に切る。
(2)クリームチーズを常温でやわらかくし、ツナ缶と刻んだ九条ねぎとマヨネーズを混ぜ合わせてディップを作る。
(3)(1)を素揚げし、賀茂なすの中身はくり抜いておろしポン酢をかけ、刻みねぎをトッピング。賀茂なすの器には(2)のディップを入れて、素揚げした万願寺甘とうと九条ねぎを盛り付ける。
一覧に戻る